2018年4月20日金曜日

普段やらんことやるととてもしんどい

漸雷さんを作るにあたって、一回り小さいバーニアパーツをつくるわな。
これができたとしても、前腕と胸部。
手がなかなかすすまんぜよ


2018年4月1日日曜日

ガンダムマーカーエアブラシは使えるか?



ガンダムマーカーエアブラシシステムのレビュー的なやつ。
正直定価以上で買うもんじゃねえぞ

さて、キレイに吹き付けられるのであれば、文句も少ないのだが、肝心の仕上がりはある程度妥協することになるこの商品。
そういうもんだと思って使うのならまぁ、使えなくもない。
初期導入コストが安く、キレイに吹き付けるのが目的なら、正直イージーペインターのほうが良いとおもう。エアダスターをエア源にできるのはかなりのアドバンテージではある。
結局どれにしても、エア源をエア缶で・・・というのではどれもコストがかかる。
何をどうしようが、コンプレッサーを買う方が良いという判断にならざるを得ない。それは誰でも分かっていることなんだけども。
わかってるけど、ここを見ているお前らは安くきれいに塗る方法を探してるんだろう?


エアブラシシステムでまず感じたのは、とりあえず吹き付けする際の粒子の安定しなさ。

この写真のように綺麗なグラデーションができたのはかなり稀といっても過言ではない。
一度セッティングが出たらそのまま吹けるかというとそんな事はまずないというのがこのシステムのキツイところである。
専用フェルト芯でポンピングして、ベストな塗料が芯に有ったとしても、吹き付けている間にだんだんと吹付け量が減ってきて出なくなる。
そのたびポンピングして先端の液量をベストな状態にする必要があるわけだ。

ただ、専用フェルト芯は使用すると、ペン先は円錐なので、向きを気にすることもないし、長さも調節されており、ハンドピースにマーカーを挿す深さも奥まで挿せばベストになるようになっているっぽい。純正樹脂芯と比べてこれはかなり作業性が向上する。

 

メタリック系のマーカーは純正樹脂芯でないと使えない。
以前ダンボール戦機のマーカー塗りの動画で紹介したが、メタリック系マーカーの内容物はクリア塗料・銀色のメタリック粒子・溶剤で構成されているとした。
メタリックマーカーに専用フェルト芯を使うと、フェルト芯がフィルターになってしまいメタリック粒子を通さず、ただのクリアレッドが吹き出す。
専用フェルト芯もタダではないので、理由なく使わないこと。

ただし、純正樹脂芯での塗装では思ったよりいい感じであるし、マーカーや筆の広い範囲のメタリック塗装は粒子が絶対に揃わないため、どうあがいてもムラやマーブル模様ができてしまう。
そういった意味では、救世主になり得る塗装アイテムな気がしないでもない。
よく見たらゆず肌になっているようにみえるが、少なくともマーカー塗りよりは圧倒的に均一感があるのが見て取れると思う。
あくまで「こういうもの」という落とし所であればまずまず。

マーカーとエナメル墨入れの相性
これも以前の動画で、マーカーとエナメル溶剤の相性を動画にしておいたが、復習。
マーカー塗料のエナメル溶剤耐性は存外強力で、ゴシゴシしてもわりと綿棒やフィニッシュマスターに色が移ることは殆ど無い。正直ラッカー塗料より安心かも。ラッカー塗料って案外ゴシゴシしてると表面が荒れるのよね。

エアブラシシステムではどうしてもつや消しや半艶のフィニッシュになってしまうため、スミ入れがやりにくいかと思いきや、そのままでもまずまずうまくいく。
ただし、ガンダムホワイトなどに墨入れをしてしまうと、少し残ったスミが汚く見えると思うので、その部分だけマーカースミ入れなどでやるのもテかもしれない。
完全に拭き取るのは難しいが、濃い色味の場合は多少残っても気にならないという状態。

最終的にトップコートを吹きたい場合は一応水性トップコートを推しておきます。
ラッカーでも不可ではないと思いますが、砂吹きからしっかりちょっとずつやらないと危ないとおもわれ。これには慣れがいるので、水性推奨。
ただ、もともと艶消し、半ツヤで終わってると思うので、吹かないという手も。

トラブルシュート的なアレ

※ミストが粗いんだけど?
正直、そういうものとしておいたほうが精神衛生上いいかもしれません。
エアの圧力を上げれば良いと言うもんでもなく、もちろん高めが良いとおもいますが、マーカーのペン先がじゃぶじゃぶになっていると思いっきり飛びます。
だからといって少なめにすると、乾燥しがち。ベストな状態を保つのが非常に難しいツールです。

※エア缶の圧力の上下が激しい!
昔からエア缶をエア源にする人たちの悩みのタネです。
気温が違っても変化するし、なにより作業してくると缶がどんどん冷たくなって圧力が落ちます。もちろん缶の残量でも大違いです。
そのため、ぬるま湯(40℃程度)を洗面器などに用意し、そこにエア缶を浸けて、温めることで圧力を確保します。熱湯につけると爆発の危険があるので絶対しないこと。
動画内で圧力の調整をシューと音がしてから一周としていますが、注釈を付けたとおり、状況が良好であれば、シューと音がしてから半周で十分な圧力が得られると思います。

※ボタンを押したらブシュッと出るのは?
エア缶とハンドピースを直接つなぐとそうなる宿命です。
コンプレッサーなどを使う場合はレギュレーターなどを使って調整できます。

※エア缶にまだエアが大量にあるはずなのに圧力がやたら低い
ハンドピースにゴミが詰まってるかも。

ハンドピースを説明書の図のようにばらして掃除しましょう。

ハンドピースのジョイント部分は中にバネが入っているので、紛失しないように取り出す。
バネが無くなるとエアが止まりません。
ジョイントには縦溝が掘ってあるので、ラジオペンチなんかがあれば簡単に弛められるでしょう。

説明書では描かれていませんが、ノズルも実はネジで留まってるだけで、外すことができます。
ただ、ノズルには回すための縦溝などはなく、指やレンチを使うこともできません。
ですので、ビンのフタを開けるやつとか、滑り止めのシートなどを使って回しましょう。

ノズルを外した状態でエアが勢い良く出れば問題があるのはノズル。
明るいところで穴を覗くと、キレイに丸い光が見えると思います。ゴミが詰まっていればキレイな丸い光は見えないはず。

ゴミが詰まっていた場合は、ノズルを逆向きにハンドピースにあてがって、エアを吹き付けるといいでしょう。
ただし、結構な圧力が出るので、ノズルがスッ飛んでいかないように気をつけて。
ノズルの先端は精密なものですので、針金を通すなどは極力避けるべきです。縫い針を挿すとかやめろ。挿すのであればノズルより細いものを用意しましょう。

*エア漏れしてる・・・

ワイに起こった事例です。

エア缶のバルブを締め込むとそこからエア漏れする場合は何らかの異常がありますので、引っこ抜いてチェックするか、クレオスにクレームを通してみてください。
ワイの事例ではバルブの先端に接着剤様の琥珀色の付着物があり、まともにパッキンが機能していない状態でした。
あまり無いことだとは思いますが、たまにはそういうモンにもあたるでしょう。
私としては、プロスプレーやバジャーなどの缶式エア源を何度も触っているので、どんな仕事をするのか知っていましたが、正常な状態を知っていなければもしかしたら・・・
とりあえず、拭けるだけ拭き取り、爪でこそぎ落としたら普通に使えました。

多分ここでこそぎ落としたカスが上のノズルを詰まらせたゴミだと思います。

その他ホースの劣化やパッキンの劣化の場合はパーツ交換してください。
新品で、ハンドピースのボタンを押した時以外でシューっと漏れる事はありません。
もしも漏れているのであれば、クレーム対応したほうが良いでしょう。

※このセットでどれだけ塗れる?マーカー一本でどれだけ塗れる?
知るか!

パーツ数や面積で大違いです。
このセットでちょっと困る部分として、マーカー塗料の残量が全く分からないというところ。
真っ黒のマーカー本体のため、どれだけ中に入ってるかわかりませんし、手で重量を感じられるほど差があるものでもありません。

※フェルト芯の再利用は・・・
まさかそのようなコメが来るとは思わなかった。芯の中の塗料をきれいに抜く事はできません。

ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー=ー

そんなわけで、レビューとトラブルシューティングでした。

ガンダムマーカーエアブラシステムは、マーカー塗りメインのライトユーザーにちょっと嬉しいアイテムかも知れません。
ホビーショーなどで先行公開されたときなどのも盛り上がりもそれを感じさせます。

ただ、あの時多くのツイートされた写真をよく見てみると、ほぼすべて、ミストが粗いものがテストピースに吹き付けられていましたね。
そして、説明書やパッケージの作例にしてもどえらいブツブツの飛沫が飛んでいます。
それはまさに、たいていそうなるのであって、あくまでそういうものと理解すれば、使えなくもない商品です。

普段エアブラシを使っている私達が、「正気か?」と思うようなものでもアリになってしまうかも?

個人的にはさっさとコンプレッサーとエアブラシを買えよ!って思うわけですが、それなりの出費になるのも事実
安いノーブランドは当たり外れがある。正直初心者にはまずまともに吹けるものを持ってほしいので、エアテックスやクレオスやタミヤやイワタなどなど、有名所の保証がついたものを手にとってもらいたい。

・・・けど、またこれが高いわけで・・・
私としては中華コンプレッサーセットでも、エア源としては普通に使えるし、高儀(タカギ)やtoolsisland(ツールズアイランド)の取り扱うノーブランドコンプレッサーセットも結構世話になってたりします。
ハンドピースだけメーカーのまともなやつを使うのもあり。私はイワタのふるーいやつをまだ使ってます。

正直Amazonでエアテックスのメテオセット。全然アリだと思います。こういうので模型用塗料が大抵使えるんやで。
ガンプラ本体を積むのに金が無いわけねーだろ!てなもんです。

2018年3月29日木曜日

すり替えておいた


昨日さっそくベアリングが届いて、その晩にはベアリング交換が済みました。
一度やったことある作業なので、さくさくです。
途中アクスルナットの締め付けトルク何Nだったっけ?
と思ったので自分の動画に書いたよな・・・と思いだして観て180Nと確認。

車内がとても静かに感じた

2018年3月28日水曜日

呉に行ってきた

呉の大和ミュージアムに行ってきましたよ。

戦艦がすごい好きなのか?というと案外そうでもないんですけど。
どちらかというと、向かいにあるてつくじらのほうが面白かったかも?

片道380km。
山陰道・松江道・尾道自動車道経由で日帰り。
前日寝て置きたら夜中2時に起きてしまったので出発。
夜中走ると眠たいので、あちこちで仮眠をしながら進むと到着は9時40分。
早めに到着してよかった・・・月曜だというのにしばらくするとミュージアムの駐車場は満車。

もちろん1:10大和は圧巻

資料の部分はほぼ写真を撮らなかったが、乗員の身の回りの品などずらり並んでいました。
ただ人大杉でじっくりとは・・・結構駆け足になってしまいました。

当時の艦船が好きなら多分とても良かったんだと思うw写真に撮らなかったが、零戦の手前には回天も展示されており、こんなちっさいんだ・・・という印象。


ややもったいない駆け足の大和ミュージアムだったがTWINをミュージアムに置いたまま歩いていく。アニメ映画の「この世界の片隅に」で出てきた旧下士官集会所。
一回の窓や扉は全部ベニヤ板が貼ってあるがなんだろう。
呉には三ツ倉もあるが、なんか狭いところにあるようで、今回は行かなかった。


今回の弾丸ドライブの目的の2つ目。
広島焼きを食べること。
めがね橋近くのじゅじゅさん。写真は開店前に行ってしまい、のれんもなにも出てない状態。
店内は表から見える店構えそのまま、狭い。
バーカウンターのようなテーブルのみ。
お母さん一人でやってるようだ。


じゅじゅすぺしゃる

広島焼きは久しく食べていない(17年前とかそんな感じ)
あの山盛りのキャベツがこんなに薄くなるのね・・・焼台は見える場所にあって、焼いてくれる。
麺は生麺をゆでて焼台に広げて表面はカリッと焼かれて美味い。上に乗ってるネギは増してなく、これが通常。
コテで食べるかどうか聞かれたが、お箸で!って言ったらカットしてくれた。

追加のねぎ焼き
お好み焼きよりもひと回り小さく中身はネギと豚肉とスライスチーズと卵
醤油ダレと鰹節でこれが結構甘い。

すぺしゃる1000円ねぎ焼き650円

ワイが普段食べるお好み焼きはやっぱり大阪系なんだけど、広島焼きは美味いと思う。
でも広島焼きってその調理の手順や独特の構造により割と大きな鉄板が必要で家で食べるのは結構難しいわけでして。
広島に来たらどこかで食べなければなるまい。

お好み焼きを食べたらミュージアム方面に戻り、向かいにあるてつくじら館へ。腹いっぱいである


めだまの潜水艦あきしおはミュージアムの展望スペースから全景が見える。
(もちろんこの写真はミュージアム観覧中に撮ったもの)


内部の写真はほぼ撮らなかった・・
海自のPR施設で入館無料。ちなみにミュージアムは市営。てつのくじら館は国営。

展示内容はくらべて近代的。潜水艦のあらまし、潜水艦での生活、機雷除去の掃海艇など。
実際にあきしおの中が観覧ルートになっており、よほどの混雑でなければ実際の潜望鏡から呉の海がみられるようになっています。
こっち結構好きかも。


そんなわけで1時半ごろには帰路につく。
実際滞在時間は短いが、夜走ると眠たいので明るいうちになるべく進む。

で、、、、

帰りに車の異変に気づく。聞いたことのある異音。
まさしくハブベアリングが傷んだ音。低速で耳に障るゴーッという音。
緊急性があるわけではないので、特に焦ることもない。家に帰って翌朝ジャッキアップしてみると前回修理した左後ろではなく右後ろがゴロゴロしていました。タイヤをゆするとガタガタ。
早速ショップにハブベアリングとアクスルナットを注文したので、届き次第サクッと打ち替える予定。



2018年3月22日木曜日

これだけでよかった

Trailmakersの最小?構成でよう考えたらこれでええやん。
もちろんプロペラは前進用にwキーに設定
ちなみにジンバルジェットは二段重ねにするほうが操作は楽。