2017年11月30日木曜日

INAXの点検時期お知らせ表示を消す



INAXのトイレの電源ランプが点滅する。しかも高速点滅!

なんやこれ!って思うやんね。

説明書読むよりググったら早いもんで、自主製品保守推進制度「INAX NEXT プログラム」による「点検時期お知らせ表示」らしいのだ。

ようは、エラーコードが出てるのではなく、そろそろ点検してねというINAXのありがたーい機能である。
およそ10年で勝手に高速点滅を始め、旧機種は手を加えないとその高速点滅を解除できないという面白い仕組み。
本来はサービスマンを呼んで、点検してもらうことで、自社製品を末永く安全に使ってもらうための仕組みだ。素晴らしい取り組みやないですか。

しかしながら、サービスマンにご足労いただくだけで出張費がつき、その他部品交換が発生すればもちろん実費でのお支払となる。

DIYのキモチがある人間であれば、いらんお世話以外の何物でもなかったりして。

でもマジな話ですが、水回りの電化製品で、シャワートイレユニットとか、10年現役は当たり前だし、20年・30年はあり得るモノなので、放ったらかしで使い続けるとか危ないからせめてセルフチェックぐらいはしようぜ。
INAXのHPではセルフチェックシートをPDFで配ってるので、ぜひともチェックしてください。その上で、表示を消すこと。

うちのトイレはKシリーズのK40タイプ・品番CW-41Qですが、機能や解除方法は概ね同じようです。
右側にコントロールユニットがある場合は、その中。リモコンしかない場合は、尻の後ろのケース内のようです。

このシャワートイレのケースを開ける行為ですが、取扱説明書に書かれていることではないので、自身で処置した場合、保証などなくなるかもしれません。
また破損したとしても責任はおえません。

高速点滅が我慢できるならセルフチェックだけ行い、そのまま使うのが一番だと思います。
高速点滅していても各部・各機能に制限が出たりするものではありません。
ただ、消したらスッキリするということでしかありません。

一部の機械いじりが好きな人間にとって、エラーコードに見える動作が我慢できないというただそれだけのことに過ぎませんのでご注意ください。
INAX側でもそのままお使いくださいという方針のようです。

2017年11月23日木曜日

2017安国寺のドウダンツツジ

11月13日にジェベルでブーンと行ってきた様子。
もちろん加工済みです




PPバンパーの溶接



樹脂を整形したのでプラモデルと言って良いのではないでしょうか?

ツインくんはあちこち問題を抱えてますが、できることからちょっとずつ・・・
今回の作業は塗装してからでも良かったかもしれないですが、もしハンダごてで表側まで溶解させるようなことがあったら手間なので、先に処理しました。

ポリプロピレン製のバンパーの場合、修理が色々と難儀なのですが、それなりに強度が必要な部分での接着はあまり期待できないということでの溶接です。
強度が必要と言っても、私のツインの場合は走行中にモゲたとしても、バンパーが浮くぐらいで危険は無いとは思いますが。現状で50kmぐらい走行しましたが外れることなく溶着しています。

これでとりあえずフロントを塗る準備ができたと思います。
ホントはリアも一緒に塗るべきなんですが、リアはリアでパネルの板金がありまして。
どうしようかなぁ

ほんでツインくんの問題というのは、オイル上がりor下がりが起きてまして、白煙を吹いてます。
5000km走ったら4L缶一本煙にしました。
オイルやガソリンの添加剤で対処してみてアカンかったら次の手を考えます。
まだ5万キロ走ってないんですけどねぇ


2017年11月7日火曜日

羊肉がたべたくて


岡山の県北

ジンギスカン鍋を貰ったんだけど、ジンギスカンを取り寄せると大抵北海道発になってしまい、送料がアホらしいので、どうせお金を使うならツーリング行くべさ。


ジンギスカンといえば蒜山。調べてみると湯原湖の南側に常時売ってるところがあるらしいので、予約の上、買い付けに行きました。

紅葉の時期というと、明け方は10度を下回ってくるんですが、あれこれ着込んで出発。
湯原温泉の旭川の地形ほんとカッコイイな。(二枚目の写真)これでも先日の台風で結構葉が落ちたとか。

ダムの方まで行けばよかった気がするけど、買ったら即帰投。
片道2時間半。

早く帰らないと昼飯にならないので。
ラムとマトン両方買って帰ったんだけど、ラムって凄い乳臭いのね。
マトンはむしろ気にならなかったんだけど、、、
ひるぜん大将でジンギスカンした時は即タレを付けたので、肉の香りが分からなかったが、味をつけずにそのまま食べたらすげぇのな。

ちなみにラムの素の乳臭さはそんな嫌いではない。普通に塩コショウで食える
マトンが牧草臭いらしいが全く気にならなかった。

でも蒜山のお店にしても北海道の通販ショップにしても基本流通してるのはほぼ輸入物なのよね。

2017年11月3日金曜日

ジェベルくんチェーン交換


一応チェーンメーカーとしては推奨しない組み合わせとのこと。
DIDの520DZ2です。
動画もとってたけど、推奨しないことをしても仕方ないと思いお蔵入り。

ヘルメットとジェベルのタンクの色の違い

ヘルメットにホワイトパールを吹いちゃった分だけ白っぽい
キャプティバブルーパールのままだったらかなり近かったかもしらん。

2017年10月29日日曜日

レンタルDVDで取り違えた話

宇宙ヤバイ的な映画をチョイチョイレンタルして観てるんですけど、そんなかでSFパニック系方向で、「2012」というタイトルのウワサを聞きつけたわけですよ。

普通にググって出てくるやつって言ったら

こいつやんな。評判を聞きつけてレンタルしようとしたのはコレよ。
あと僧侶の後ろ姿のジャケットDVDがあるな。全部同じ映画です。
ローランド・エメリッヒ監督のやつ。デイ・アフター・トゥモローとかインデペンデンス・デイとかの有名な人のやつ。09年の映画です。
AmazonのDVDだとコレ DMMレンタルだとコレ

んで間違えたのが


コレよ。監督はニックエヴァハートさん(誰やろ)
これはDMMで2012って検索したらマッチング順で一番上に出るんですわ。
しかも普通にSFパニックのパッケージとしてまぁおかしくないというか。(チープな感じはするけどね)
いろんな検索方法でもエメリッヒ監督の方は2ページ目になってたりします。これは間違えるで。08年の映画です。
AmazonのDVDではコレ DMMのレンタルだとコレ

なんの冗談かと。

2012というタイトルはマヤ暦のカレンダーで終末を暗示しているとして、世間を賑わせたあの頃独特の丸かぶりタイトル。両方とも地震や津波などを取り上げた作品です。
サブタイに2012とつけた映画作品は他にもたくさんあり、それらはおよそSFパニックモノです。

この度観たのはもちろん08年作品のほうで、DMMのレビューの方ではもちろん星1つ。
序盤から、あ・・・低予算映画やコレは・・・という雰囲気を出し、不安を煽る。
演出もやべぇ。人の死に方など色々とお粗末な見せ方。世界崩壊の危機だが、スケールの大きいCGなどは少なく地割れが小さなスケールで起こるぐらい。
かろうじて津波の表現において、西海岸が津波に飲まれる飛行機カメラ映像。
逆にスケールがでかすぎておもんないのが、ハリケーン多発で地球が全部スクリーンに収まる引きの宇宙カメラ映像。
気温が急降下し、吹雪になってもさほど積もっていない雪。
マヤ暦の話とみせかけて妙に神様キリスト様。
地質学者?が見つけたキリストの十字架をチチェン・イッツァに持っていき、玄室(?)を開けたあと、それでどうなったかがよくわからん。アレで世界の崩壊が止まったのか?
頑張って最後まで観ちゃったけど、ちょっとつらかった。
なんでマヤとキリストを結びつけたんだろうな。あっほらしぃぇぁ・・・

ほんでAmazonのDVDのレビュー数がやたら多く、レビュー内容もなんか変な感じ・・・
と思ったら
08糞映画も09有名映画もレビューが共通化されとるやんけ!(2017/10/29現在)
せっかくなので、カスタマサービスに連絡を入れておきましたとさ。
めでたく別レビューに修正されました!(2017/10/30現在)早いぜ・・・

糞映画を楽しみたかったら?08映画を借りてみましょう。


2017年10月27日金曜日

最近の塗装


ちょっと前からアレコレやってたんですが、ヘルメットの表面が加水分解でねちょねちょになってまして、それにタルカムパウダーなんかをふりかけてごまかしてたわけですよ。
もちろん白くなります。変な具合に。

その汚い状態の写真を取ってないんですが、一枚目の写真の様に、溶剤で拭いたりアルコールで拭いたり、ディゾルビットで拭いてみたり。
ねちょねちょを大まかに落としたら、塗装前に溶剤で脱脂。

一応ミッチャクロンを吹いて、ホルツの缶サフ。
その後銀下地にクリアブルーやるかなぁと思い立って、黒下地を作ったんですが、クリアブルーを用意するのがメンドウってことで

ホンダのキャプティバブルーパール。

その後にA-6ホワイトパールマイカでコート。
くっそ適当に作った思いつきのロゴや自店のやつなどをシルエットカメオでマスキングテープを切り、プラモ用塗料のクールホワイト単色で白抜き文字。
なんつうか、コレだったら直接白のカッティングシートを切っても効果は殆ど変わらんかった気がする。
せめてグラデーションぐらいつけたらどうや。



あとは2液ウレタンクリアでオーバーコートして完成。

すごいシンプルなヘルメットでカッコイイわけでもないけど、クソ汚くなっていたので、リフレッシュ。
でもホンマはヘルメットは買い替えたほうが良いらしいで。

クリアコートはなんとクレオスのプロスプレーmk-1で施工。
結構ゆず肌になってるんだけど、別にOK.研ぎ出しなんかしません。


次に、これからツインの樹脂バンパーを塗装するにあたって、スペリアホワイトを調合してもらったが、どんな感じになるのか試し塗りをしました。

塗る場所はツインのメーターガーニッシュ。
素材がPP製なので、クレンザーでざっと洗った後、ミッチャクロンを吹き付けて下地を作り、ヘルメットの残りのサフを吹き付けた。


ココで問題があるんですが、ガーニッシュにしてもバンパーにしてもつるつるの仕上げではなく、シボがつけられた表面をしています。
写真を拡大してもらったらわかると思いますが、梨地じゃなくて、シボです。
そして、傷があるわけですが。
ガーニッシュの場合はササクレを取っただけで誤魔化して塗りました。


調合してもらったパナロックのスペリアホワイトでな。

コレがバンパーの場合、ある程度傷を隠すためにバンパーパテを盛ってヤスリがけ下とするやろ。
そしたらそこだけシボがなくなってつるつるになるわけでして、どうしたもんかと。
一箇所つるつるになったら全部やらんといかんやん。結構な手間なわけですよ。
どうしょうね。


ボディカラーとくらべてみたらだいたいOKだとしました。

ちょっとだけ違う気がするけど、14年前に製造されたままのスペリアホワイトと、インターネット注文で現物を見ずに塗料屋に発注したスペリアホワイトが同じ色になるはずがないわけですよ。
それでもここまでおおよそ色が揃っているというのはスペリアホワイトの経年劣化耐性が高いというか、白系は紫外線に強いというか。

まぁまあ良さそうなので、このままバンパーを塗ろうと思います。

取り付けた状態がこんな感じ。
ただ、バンパーはいくつか補修箇所があるので、すぐという訳にはいきませんが、なるべく早めに作業したいなーとか思うだけ。